読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everything's beautiful

辺境の地で愛を叫ぶ

お茶の間ファンが初めてオードリーのネタライブに行ってきた

オードリーネタライブ行ってきました!
6年間お茶の間ファンでしたが、思い切ってライブ行ってみようと背中を押してくれたのは、NEWSのライブに参戦できたおかげです。じゃなければきっと一人でライブ行くなんてできなかったと思うので、NEWSに背中押してもらったな~と(勝手に)思ってます。

場所はよみうりホール。会場は定員1100人と書いてありました。2階席の真ん中くらいでしたが、ステージは十分よく見えます。この同じ建物の中にオードリーが…と感慨深く思いながら開演を待ちました。
客層は20代から40代くらいが多い印象。ジャニーズのライブよりもだいぶ高めです(当たりまえ)。男性も3~4割はいて思ったより多いんだなと思いました。

そしてオープニング映像が流れていよいよ始まりました。この出演者紹介の映像がすごく良くって。今日の出演者が映画モチーフのイラストになってるのだけど、それがみんなカッコいいんですよ!(くじらさん以外w)オードリーはバックトゥーザフューチャーのモチーフですごく素敵でした。
そして映像が終わっていよいよオードリーが登場してフリートーク。初めての生オードリーに感激で泣きそうになってしまいました。24時間テレビで崩壊した涙腺、まだ全然回復していなかったようです…。ほんとにオードリーだ…いつもテレビで見てるまんまだ…と思うとこみ上げてきてしまって。でもさすがにお笑いライブで泣くのはどうかと思ってこらえました。そしてトークは序盤からほんっと面白かった!すっごくウケてました。開演前に会場がシーンと静かで、きっと一人参加の方たちばかりなんだろうと思いましたが、しっかりそれを若林さんにいじられてしまいました。「隣の人に昨日のラジオも面白かったですね!とか話しかければいいのに」とか言われてみんな爆笑でした。
出演者はゆったり感、くじら、TAIGA、ザ・ギース、ルシファー吉岡ラブレターズマシンガンズ(敬称略)。いつもラジオでお名前を聞く面子ばかりなので初めてな気がしません。ネタの詳細は省きますが、みんな面白かった!TAIGAさんは若干事件を起こしてましたがw。ルシファーさんやザ・ギースなどのネタはたぶん初めて見たのですがすっごく面白かったです。
そしてサプライズゲストになんと南海キャンディーズ!ネタ前のトークからハケる若林さんからサラっと発表されたのですが、これにはお客さんも大盛り上がりでした!
でも本当は、ネタ前に前述した映画モチーフのイラストで「シークレットゲスト 南海キャンディーズ」と流れてそこで初めてわかるという段取りだったようで、でもそれではお客さんが盛り上がりすぎてその後の南キャンのネタもウケすぎてしまうと、若林さんが嫉妬した結果、先に言っちゃったということのようです。さすが腹黒い男w。
でもそれでもお客さんの盛り上がりはすごかったし、さすがのクオリティでめちゃくちゃ面白かったです!しずちゃんボクシング引退したし、南キャンの漫才をこれからはもっとテレビでも見られるようになるかな…こんなすごいの大勢の人に見てもらわないのは本当にもったいないですよ…

そして大トリはいよいよオードリーの漫才!新作です!春日さんは最初からいつものピンクベストでしたが、若林さんはトーク中のラフな格好から漫才のときはビシっとスーツに着替えてきて、かっこよくてシビれました…そして漫才がこれももうすごくて、すでに笑いすぎるくらい笑ったところに、最後にさらにすごいのが来てしまって、笑いすぎて顔も痛いし腹筋も痛いし、涙を流すくらい笑って笑って、息継ぎできずに苦しくなるくらいでした。さすがでしたよ…あんな忙しい仕事の合間にこれだけの漫才作って、ネタ合わせして、これほど人を笑わせることができるって、本当にすごくて、今までずっとオードリーを好きで応援してきて良かったな、幸せだな、と心から思えたライブでした。

もう終わって3週間ほど経つのですが、今思い出しても楽しくてそしてあったかいライブだったな、と思います。
それは出演者の方たちもですが、何よりお客さんがみんなすごくシャイで優しい人が多かったんだろうな、という気がします。始まる前のシーンとした静けさも、始まってしまうとすごく大きな笑い声に変わって、みんな同じ気持ちでライブを楽しめたのがすごく良かったです。今までずっとお茶の間ファンで、それで十分楽しくやってきましたが、やっぱり一度ライブ行ってしまうとテレビだけでは物足りない。今ではもう次のライブが待ち遠しくて仕方ないです。めでたくお茶の間から脱出し、次のライブも絶対行く!と固く心に誓っているこの頃です。